埼玉建設業許可サポートオフィス/埼玉県の木村行政書士事務所/行政書士 木村亜矢

建設業許可Q&A

建設業許可Q&A

 
 建設業許可についてQ&Aをまとめました。
 随時更新していきます!

建設業許可とは

①建設業許可とは?

 
 建設業とは、建設工事の完成を請負うことをいいます。

 建設業を営業とするには、建設業許可を受けることが
 義務付けられています。

 元請、下請、個人、法人は問いません。
 建設業を営業とするには、許可が必要です。

 但し、小規模工事のみを請負う場合は、許可が必要ありません。

②小規模工事とは?

 小規模工事とは、1件の請負代金が500万円未満の工事です。

 建築一式工事の場合は、「1,500万円未満の工事」または
 「金額にかかわらず木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事」が
 小規模工事となります。

 この請負金額は、消費税を含んだ金額です。

(余談ですが・・)
 たしかにこの小規模工事のみ請負う場合、許可は必要ありません。
 ただ、将来500万円以上の工事があった時に許可がないと請負うことができません。
 いつ500万円以上の工事を請負うかわかりません。
 業務の拡大の為に、ぜひ前もって建設業許可を取得しておきましょう。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional